アウトマンラボへようこそ

僕たちのくだらない空想を勝手に「OutmanLab」と称し映像制作の実験工房として設立。 そんなアウトマンラボの活動記録。

「怪物はささやく」


J.A.バヨナ監督。病気の母と暮らすいじめられっ子の少年。怪物の絵ばかり描いていると、窓外の墓地から見える大木が怪物となって夜な夜な少年に物語を…。なんでかアニメだと思って観に行ったが実写のダークファンタジー。シガニー・ウイーバーが祖母役。
  1. 2017/06/22(木) 20:23:25|
  2. オン便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガリる


なんかね、安らいだ。全身タトゥーの苦労。あとは未来の話。オヤカタもまだ漂ってるかな。
  1. 2017/06/17(土) 00:15:10|
  2. オン便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンブルビー


アーケードゲームのトランスフォームについていけん。
  1. 2017/06/11(日) 15:37:07|
  2. オン便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「すべて売り物」

subeteurimono
アンジェイ・ワイダ監督、1968年作品。映画撮影の現場に主演俳優が来ない。監督自ら代役をつとめて列車に飛び乗るシーンを撮る。その後も主役が行方不明のまま、捜索するが見つからない。そのうちにその俳優が列車から飛び降りて事故死したとの知らせが。進まない映画現場、停滞と混乱の中で若い俳優を代役に据えるが若者は自分の個性を出したがる。映画製作というもののメタファーのような作品。ラスト、ハッとした。
『EUフイルムデーズ2017』@フィルムセンター
moblog_87d04e22.jpg
  1. 2017/06/08(木) 20:45:08|
  2. オン便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ゴールド 金塊の行方」


スティーブン・ギャガン監督。父から受け継いだ鉱山事業に失敗し破産寸前になった男が、誰も相手にしなかった地質学者と組んでインドネシアで巨大金脈を発見する。一躍時の人として注目を集め、ウォール街を席巻、アメリカンドリームを体現する。が、170億ドルが一夜にして消える…。いろいろ面白かったが、主演のマシューマコノヒーがスゴい!ハゲて腹の出た中年に変化し、この不思議な男を熱演。白ブリーフが鮮烈。
  1. 2017/06/06(火) 18:42:11|
  2. オン便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

アウトマンラボ

Author:アウトマンラボ
アウトマンラボは映像制作団体です
アクセスはこちらへ
outmanlab@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する