アウトマンラボへようこそ

僕たちのくだらない空想を勝手に「OutmanLab」と称し映像制作の実験工房として設立。 そんなアウトマンラボの活動記録。

アウトマン祭り 2002.12.17.thur at TOLLY WOOD

「今日の天才」

永井悟 / 8分
最低。最悪。日本インディーズ映画史上極めて劣悪な映像と極めて下等なからくりで描かれたロマンチシズムの極致。しかし、原作者は何度見ても大笑いしている。1度「下」へ向かったベクトルは誰にも止められない。
LIFE 「LIFE」

藤野知明 / 2分15秒
ここで見た悪夢は序章に過ぎなかった。あのチャーリーブラウンは一体何キャラなのか。何故あのような結末が待っていなければならないのか!とにかくズ抜けた作品であることには間違いなさそうだ。現に上映会での評判も上々だったのだ。う~ん、いろいろ奥が深いな。


佇む 「佇む」

恩田浩 / 8分
恩田節炸裂!っていう感じでは無いけど私的には結構好きかも。色がいいんだよね。フィルムで撮るともっと原色の赤が映えて、雰囲気が出てたんだろうなあ…ってそんな金どこにあんねん、ふんっ!

晴れた日はUFOを待って 「晴れた日はUFOを待って」

恩田浩 / 7分
今度は打って変わってシナリオ重視型。で、対照的に映像は実験風味を散りばめたが意外にまとまってしっまた感は否めない。本人も「もうちょっと壊したかっ た」と言うように、壊して撮ってるつもりでも抑えにいってしまう現場ディレクターの悲しい性を見事に表した作品となっている。

BLUES 「BLUES」

川西弘晃 / 10分
タイトルである「ブルース」は音楽のジャンルでは無く「稚拙」「未完成」といった隠語から付けられている。本作はまさしくその学生映画っぽい青臭さが全体を覆うテイストになっており、ある意味では狙いどおり。テレ東の深夜B級映画っぽさが好きな人にはおお薦めです。

ドキュメントアウトマン21
「あの独裁総書記に隠し子が!!」


永井悟 / 4分
それなりに緊張感のある本格似非ドキュメンタリー企画。ある意味、うさん臭さもここまで来ると立派と言いたくなるが、TVで真面目にやってるこの手の番組も充分にうさん臭いだよなあ。そういう意味ではややパンチ力不足か。
ほしのかけら「 ほしのかけら」

EMIPON.COM / 2分
今回は何とストーリー重視の王道メルヘンに挑戦。お客さんの反応もそうであったように、もう一工夫して欲しい気がする。私もあんまりそっちのほうは詳しく 無いんで上手く言えないが、何と言うか、こう、サプライズが欲しいんだよね。おおっ!!っていう感じの。毒っ気が無いと寂しく感じちゃう性分なもんで…。

ウニネコ 「ウニネコ」

EMIPON.COM / 2分25秒
でこぼこフレンズへのメンバー入りを密かにもくろむ人気キャラクター「ウニネコ」。キャラの可愛さもさることながら、私的にはネーミングを評価したい。同 じな行である「に」と「ね」が連なっているところがミソで栗と猫の「クリネコ」だったら×。鬼と猫の「オニネコ」蟹と猫の「カニネコ」だったら○。…ホン マかいな。

暴力抒情詩 「暴力抒情詩」

村上崇 / 10分
制作は2000年。数々の賞を総ナメした村上大先生の出世作。あいつを褒めるのはヤだけど、これはほんとに1回見といたほうがいいよ。理屈抜きで楽しめるバイオレンスエンターテインメントに仕上がってます。ほんとに理屈が無いんだけどね…。

超新塾 爆裂ロッケンロール 「超新塾 爆裂ロッケンロール」

村上崇 / 3分
カリスマコント集団「超新塾」のプロモーションビデオ。例によって大先生の編集マジックが冴えわたる出来となっております、ハイ。

スーパーマサオブラザーズ 「スーパーマサオブラザーズ」

VJコミックカット / 5分
今をときめくバカ映画界のカリスマ、VJコミックカット初期の人気シリーズ。資本主義社会に牙を向くマサオとレイジによる8ビット漫才は、古き良きデジタル時代へのリスペクトが存分に詰まった痛快パロディに仕上がっている。こんなもんでええかな、VJ?

ビデオ文学館~レナと武明~ 「ビデオ文学館~レナと武明~」

VJコミックカット / 15分
ディープでクール!そして技術的完成度に文句の付けようが無い!文字データによる未曾有の掛け合いは、もはやテロップ処理と片付けるのは失礼で「txt. データラップ」とでも呼ぶべき新境地を開眼。オリジナリティー溢れるテクノムービーの幕開けか!?こんなもんでええかな、VJ?

shEi shEi 「shEi shEi」

いながきあつき / 5分

世界を相手に戦う3枚目大道芸人、番台屋謝謝のプロモーションビデオ。今回、初めてカメラを回した監督であるが、構図のシュールさはなかなかのもの。でもシュールなまんまで終わっちゃいました。今後の展開を期待してまっせー、マジで。

Coffee to Cocoa 「Coffee to Cocoa」

柏原全作 / 3分
…確か、何かの賞をもらってた力作!画のクオリティー・メッセージ性・ストーリーの3項目評価で言ってもかなりいいとこいってんじゃないのって感じ。でも巧くまとまりすぎててオール4なんだよな。ここからの脱皮に期待してます。

  1. 2002/12/17(火) 22:00:00|
  2. フィルモグラフィー

プロフィール

アウトマンラボ

Author:アウトマンラボ
アウトマンラボは映像制作団体です
アクセスはこちらへ
outmanlab@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する