アウトマンラボへようこそ

僕たちのくだらない空想を勝手に「OutmanLab」と称し映像制作の実験工房として設立。 そんなアウトマンラボの活動記録。

アウトプッツ#7 2005.10.29.sat at CINEMA BOKAN

VJ物語~あるひとつの青春~ 「VJ物語~あるひとつの青春~」

コタール&川西弘晃 / 14分
悲しみの町「東京」に生きるコミックカワットことコミカワ。アウトマンラーボという団体のメンバー達に酒を飲んでは絡むコミカワの心の奥底には熱く儚い感情がいつも渦巻いていた。〔*アウトマンラボ関係者以外の方の鑑賞は硬くお断りします〕

不良天使 「不良天使」

赤目 / 7分

道を進むのをためらう奴に容赦はしない。たとえ勘違いだったとしても、これが世のため人のため!不毛な人生を歩む青年が前を向いて歩くまでの奇跡の人みたいな作品。幸あれかし

ネコとピアノ 「ネコとピアノ」

藤野知明 / 17分
犬と暮らしながら壷を作っている男がいた。昔、その家にやってきて壷や皿にたくさんのネコの絵を描いていった女性がいた。その後その女性の人生は一変する、まるで御伽噺のように。花瓶に描かれたネコがその女性の身の上におきたことを物語り始める。

キルビル9 サブウェイパニック エスパー京子 「キルビル9 サブウェイパニック エスパー京子」

黒豹 / 1分
バカです

キルビル10 地獄のピカチュ-2 「キルビル10 地獄のピカチュ−2」

黒豹 / 9分
バカパート2

ハーヴェスト 「ハーヴェスト」

川西弘晃 / 30分
色のない世界から抜け出した若者は小さなライトバンに乗って旅に出る。若者は「ある場所」を目指しているが「ある場所」はまだわからない。やがて、ライトバンにはもう一人の若者も乗ることになる。小さな旅。

白と黒 「白と黒」

ミナミユー / 2分30秒
昭和90年、「蒲田の若き白龍」ことマツが単身池袋に乗り込む。池袋は「ブクロの黒い虎」と関東で最も恐れられているヒロの縄張りである。遂に白と黒の戦いに終止符が打たれる・・・。

世界の中心で 今、会いにゆきます 「世界の中心で 今、会いにゆきます」

まえかわひろあきら&にしきかずひこ / ?分
まえかわ「だなぁ、もう。」
にしき 「だなぁ、もう。」

喋る人 「喋る人」

新津東二 / 7分
大学でとある研究をする孤独な青年彼の研究とは何なのか?また彼は誰と話をしているのだろうか?

世界名作劇場 チビクロサンボ(完全版 「世界名作劇場 チビクロサンボ(完全版)」

EMIPON.COM / 4分30秒
ところでトラと龍がよく街で暴れてるが、あまり近くによらない方がいい。飛び道具を使うぞ。観音菩薩も時々暴れてしまうようだ。穏やかな顔をしている割に、これがまた凶暴だったりする。きっと、日本の夜はまったくの無法地帯だと思う。

ふたたびの日 「ふたたびの日」

恩田浩 / 15分
記憶を失った男(M)と、映画を撮ろうとしている男(白井)が出会った。それは、なにかが始まる予兆だった・・・。街の片隅で起こった、喪失と再生の物語。

  1. 2005/10/29(土) 22:00:00|
  2. フィルモグラフィー

プロフィール

アウトマンラボ

Author:アウトマンラボ
アウトマンラボは映像制作団体です
アクセスはこちらへ
outmanlab@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する